上機嫌な貧乏父さんを目指して | 投資とお金の雑記帳

「大人になったら日経新聞が読めるようになれる」と錯覚していたポンコツ20代社会人がインデックス投資を通してお金や経済について学びます

投資信託の購入を考えている人必見!手数料が高い投資信託を買ってはいけない

こんにちは。ありひとです。

 

前回の記事で私が投資をスタートする上で、初っぱなから失敗してしまったことについて紹介しました。

 

jokigen.hatenablog.com

 

 

実は、私の失敗はまだまだ続きます。今回も私の失敗談とそこから得られる教訓について書きます。特に、投資信託の購入を考えている人には役立つ失敗談ですので、是非読んでください。

 

今回の件から得られる教訓

例によって、まずは結論からいきましょう!

手数料が高い投資信託買ってはいけない

 

投資信託とは?

そもそも投資信託ってなんでしょう。知ってるよ!って方も多いかもしれませんが、当ブログでは誰が読んでもわかりやすい、やわらかい記事を書いていくことを目標にしておりますので、おさらいしておきます。

 

投資信託とは、一言で言えば投資家から資金を集めて、その資金をもとに運用のプロが株や債券を売買することで運用していく金融商品です。

 

運用会社は複数の投資家からお金を集めることで、大きな元金を投資に回すことができ、得られたリターンを投資家に返すことできます。

 

投資信託を購入したきっかけ

きっかけその① 投資セミナーに参加

NISA口座を銀行で開設したはいいものの、当時あまり投資をするつもりがなかった私は、しばらくほったらかしにしておりました。

 

そんな私に転機が来ます。ある証券会社主催の投資セミナーに参加してみたのです。

 

開催場所が仕事場から近く仕事帰りに参加できたこと、参加無料だったことが後押しとなり「なんとなーく勉強になるかな」ととても軽い気持ちで参加しました。

 

セミナーの内容は、「現在の年金制度だけでは老後のお金はまかなえない」「金利の低い今、銀行にお金を寝かせておくのはもったいない」といった投資による資産形成の重要性を分かりやすく伝えてくれるものでした。

 

今でこそ、よく聞く内容かなと思いますが、当時の私とっては十分新鮮で面白く、かつ危機感を煽る内容で、「こりゃ投資せんば!」とかなり焦ったのを覚えています。

 

単純ですね。

 

そして、そのセミナーの中で紹介されていたのが投資信託での資産運用でした。

 

まあそりゃそうですよね。無料のセミナーなんだから、自分たちが扱う金融商品の紹介くらいしますわね。

 

その時に紹介されのが、私が人生で初めて買うことになる投資信託「トレンド・アロケーション・オープン」です。

トレンド・アロケーション・オープン | 投資信託なら三菱UFJ国際投信

 

商品概要をまとめると以下のようになります。

  • 世界各国の株式・債券・リート等の幅広い資産に投資するバランスファンドで、下落リスク対応、為替ヘッジをしながら「負けにくい投資」を目指すファンドオブファンズ型の商品

皆さん、読んで意味わかりますか?

 

セミナーで聞いていた私は全くわかりませんでした。

 

でも、下のような右肩上がりのグラフを見せられて「なんか良さげだ!」と漠然と思ったのです。

f:id:arihit0:20180419000151p:plain

トレンド・アロケーション・オープンの基準価格のグラフ(HPより抜粋)

 

そのグラフが何を示しているのかもわからずに。

 

なかなかひどいですね。

 

きっかけその② 綺麗なお姉さんから電話が来た

セミナー後の私は、投資への熱が急上昇。良さそうな商品も教えてもらったことだし、すぐにでも投資を始めてみたいと思ってました。

 

そこに見計らったように電話をかけてきたのが、あの銀行窓口のお姉さんだったのです。

 

用件は「開設したNISA口座について、是非活用して欲しいので一度ご来店して頂けないでしょうか」とのこと。

 

さすがの営業力ですね。

 

嬉々として銀行に向かった私は、それこそドヤ顔でトレアロを購入したわけです。どうや私も勉強してんだぞ、と言わんばかりに。

 

イタいですね。

トレアロの何がよろしくないのか?

さて長くなってしまいましたが、今回のオチです。

 

トレアロを購入したことの、どこが失敗談なのでしょう。

 

下の図を見てください。

f:id:arihit0:20180419000154p:plain

トレンド・アロケーション・オープンの交付目論見書とより抜粋

 

上の図はトレアロの交付目論見書(投資信託の説明書)の一部を抜粋したものですが、「運用管理費用」の「実質的な負担」という欄に1.17%とという数字がありますね。

 

実はこれ、投資信託を管理してもらうために、我々投資家が毎日支払い続ける手数料のことなのです。

 

毎日ですよ。毎日。

 

トレアロであれば、「管理のための手数料が年率約1.17%かかるよ」と書かれているわけです。

 

皆さん、1.17%って安いと思いますか?高いと思いますか?

 

一見安いと思うかもしれません。事実、私も最初はそこまで気にすることか?と思いました。

 

でも、これはやっぱり高いんです。

例えば、常に業界最低水準を目指すとうたっているeMAXIS Slimシリーズのバランス型商品『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』であれば、0.16%です。

 

結構違うでしょ?

 

実は巷の玄人投資ブロガーはこの投資信託の手数料というものに非常にこだわります。

 

なぜそこまでこだわるのか。私は以下のように理解しています。

 

「市場の動向を予測して売買なんて誰にもできない。だから投資家としては手数料が低い投資信託を選択し、リターンを最大限にすることが合理的な手法であるから」

 

もっとざっくりいうと、「市場はコントロールできないけど、手数料は商品の選択時点でコントロールできるよね。できるところは無駄をなくそうね」ってことです。

 

私も何冊か投資に関する本を読んでこの考え方を知り、今では実践しています。

 

そういう意味で無知だったあの頃、勢いで買った運用管理費用1.17%のトレアロを勝ってしまったことは、やはり私にとって大きな失敗だったわけです。

 

まとめ

今回も投資に関する私の失敗談を紹介しました。

 

手数料の高い投資信託は買わない。これはシンプルですが、とても重要な教訓です。

 

投資信託の購入を考えてる方は絶対気にしてみてください。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

次回もどうかよろしくどーぞっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NISA講座を銀行窓口で開設してはいけない

ども。ありひとです。

今回は、私が投資の世界を足を踏み入れたきっかけとその時の失敗談について書きます。

 

2回目の記事からいきなり「失敗談かよ!」って感じもしますが、同じ過ちをして欲しくないという意味を込めて、紹介させてください。

 

今回の件から得るべき教訓

失敗談なので、失敗から得られる教訓を先に結論として書いちゃいますね。今回の教訓は2つです。

 

  •   銀行でNISA口座を開設してはいけない
  •   美人のお誘いでも、己の頭でしっかり考えて決めること

教訓の意味は以降で説明していきますー。

 

始まりは大手銀行での口座開設

そもそもの始まりは都内の会社に就職したことで、新しい銀行口座を開設したくなったことです。


学生時代は地方の銀行さんにお世話になっていたのですが、社会人になることをきっかけに都内にATMが多く、便の良い大手銀行で口座を持っておこうと考えました。

 

窓口のお姉さんが綺麗だった

はい。全てはこれに尽きます。

 

会社の創立記念日で平日休みがあったタイミングで開設に行った際、対応してくれた窓口のお姉さんが綺麗だったんです。

 

テンション上がりました。

 

あれよあれよとNISA口座開設

まあ、そんな綺麗なお姉さんを前にしたからといって、メンタルチェリーな私は特に何ができるわけではありません。

 

平然を装いながら、粛々と口座開設の手続きを進めておりました。


手続きも終盤に差し掛かり、「あーこの幸せなひと時も終わりか。ええ夢みさせてもらいましたわー」と思ったところで、綺麗なお姉さんは言いました。


綺麗なお姉さん「ところで、ありひと様はNISAに興味あったりしませんか?」

私「はて?NISA。あんまり良く知らないけど確か税金がお得になるような制度だったような…」

 

↑私の当時のNISAに関する知識はこの程度。正直「株とかを売買する一部の人が利用する制度」くらいの印象でした。

 

だから、特に株や投資を予定がなかった私は、最初お姉さんのお誘いを断るつもりでした。よくわからないし、何より手続きがめんどくさいと思ったわけです。


でもそこは、綺麗なお姉さんも営業職。なかなか簡単にはひきません。結局、私はお姉さんの営業スマイルに負けてNISA口座を開設することにしました。

 

開設には住民票も必要で、その場で市役所に取りに行くことになるなど、想像以上に手続きはとても面倒でした。しかし男が一度言ったことを簡単に撤回もできず、そのままズルズルと開設しました。

 

なぜ銀行でのNISA口座開設は失敗なのか

その日は口座を開くだけで、特に金融商品を買うことなく退散しました。では、なぜ銀行でNISA口座をしたことが失敗だったのか。

 

帰宅した後にWebや本で色々調べると以下のようなデメリットがあるからです。

  1.   銀行では株取引ができない
  2.   窓口で手数料の高い商品をオススメされてしまうことがある
  3.   顧客の財務状況を把握しているからカモにされてしまう

特に3番については、ボクが好きな経済学者の山崎元さんは著書の中で、銀行でお金の相談をする人のことをこう例えています。

生肉を体に巻いてサバンナを散歩するようなもの

2番もそうですが、要は面と向かって話すことになるので、その分セールストークの影響を受けやすくなってしまうということですね。ははは。誰かさんみたいですね。


1番については、当時そこまでガッツリと投資をやるつもりはなかったので、実際は問題ないと言えば問題なかったのですがら、「できない」とあらかじめ選択肢が閉ざされてしまうと不満に思うのが人間というものです。


以上のように、私の個人投資家としてのスタートはいきなり3つのハンデを背負って始まったわけです。ただ繰り返しになりますが、当時は開設したものの、投資をやる気なんてあんまりなかったので、そこまで大きな問題があるとは思っていませんでした。

 

そもそも失敗だったと認識したのもずっと後です。

 

この失敗をちゃんと取り戻そうと考え出した機会については、また次回お話します。

 

まとめ

結局のところ、NISA口座に限らず自分がよくわかってないものを、なんとなく使おうとするのはよくないってことです。

 

当時の私はNISAのメリットやデメリットをよく理解しないまま、ただただお姉さんが綺麗だからという理由から銀行で開設してしまいました。

 

今年の1月から「つみたてNISA」という制度も始まりました。これをきっかけにNISA口座を開設する人も増えるんじゃないかと思いますが、どうか私と同じ失敗をしないようにしてほしいです。


それでは次回もよろしくどーぞっ!

ブログ始めてみます

はじめに

はじめまして。「ありひと」と申します。あることをきっかけに投資信託による投資をやっています。

 

投資を始めてから、かれこれ半年くらい経ちますが、記録のためにもブログに挑戦してみます。

 

巷には詳しい玄人投資ブロガーさんが溢れております。

だから、正直私のようなぺーぺーが記事を書いたところで…とやらない理由ばかり考えておりました。

でも、自分の勉強のためのアウトプットとして始めてみることにしました。

 

ゆくゆくは自分と同じように、なんとなく若いうちから資産形成始めたけど、実はあんまよくわかってないっていう人が読んだら役立つ記事を書けるよう頑張ります。

 

自己紹介

このブログの目的

自分の投資の軌跡として

「はじめに」で触れたように、このブログのメインは投資の記録です。投資と言っても私がやるのはインデックス型の投資信託を売買するいわゆるインデックス投資です。

 

やっていく中で思ったこと、よくわからなかったことをつらつらと書いていくつもりです。 わからなかったことはわからないなりに自分で調べます。

 

読んだ本のこともチラホラ

投資のことだけだとネタが尽きるので、本が好きなので、書評とかも書くつもりです。せっかく読んだ本も読みっぱなしってことがよくあるので。

 

とにかくアウトプットのために

色々並べましたが、1番はコレです。

 

投資にしても何にしてもアウトプットした方が、深く身についていくかなと思ってブログを始めます。

 

なので、興味深い雑学があればネタにするかもしれませんし、面白い映画があれば感想を書くこともあるかもしれません。 とにかく自分の学びのため、そして、それをわかりやすく読んで下さる方に伝える!そこにこだわって書いていくつもりです。

 

ということで、これからよろしくどーぞッ!!