無機質にアウトプット

読んだ本や観た映画の感想を書いていきます。

【ネタバレあり・感想】映画『アイアンマン3』 | MCUマラソン第6弾

前回『アベンジャーズ』を観終え、MCUラソンもいよいよ今回からフェーズ2。

jokigen.hatenablog.com

 

元々『アイアンマン』シリーズしか観ていなかったわたしとしては、各ヒーローの顔出しデビューの色が強かったフェーズ1に比べて、より『アベンジャーズ』の物語に深く関わってくるフェーズ2はとても楽しみにしていた。

 

ところが事件は起こる。ともにマラソンを走ってきた相方氏が信じられない一言を発したのだ。

 

「きみ、観るの遅いから私ひとりで『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』まで観ちゃった」

 

ふぁー!!!なんてことを!一緒に観ようって言ったじゃん!!!おまえの血は何色だァァァ!

 

と、危うく我が家でシビル・ウォー勃発の危機だったが、わたしのペースが遅いのは確かで、そう言われてしまうと分が悪い。しかも一度観ているシリーズならまだしも、今回はほとんど見ていない作品ばかり。下手に刺激して、ネタバレなんてされたら堪ったもんじゃない。

 

ということで、しぶしぶわたしも単独で鑑賞会を黙々と実施。感想記事にするタイミングも完全に失いながら、2020/02/24現在で『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』まで鑑賞終了の状況である。

 

フェーズ3に入っとるやん……。

 

なので、記事は完全に後追いの形になってしまっているのだが、乖離しすぎないように少しずつ回収していこうと思う。

アイアンマン3 (ディズニーストーリーブック)

 

 

本作の位置付け

本作はMCUマーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズの7作目に位置する。公開は『アベンジャーズ』の翌年である2013年。

 

前作『アベンジャーズ』で「フェーズ1」に区切りがついて、「フェーズ2」としての第一作にあたる一方で、『アイアンマン』シリーズ単体としては完結作となる。ちなみに日本でのキャッチコピーは「さらば、アイアンマン」。

MCUシリーズ フェーズ2

 

ざっとあらすじ

***

ニューヨークにおけるロキとチタウリ軍との戦いから7ヶ月、これまで想像もしたこのもない現実離れした戦いを経験したトニー・スタークは不眠症パニック障害を患い、スーツ依存症といえる状態に陥っていた。

 

一方アメリカ国内では、マンダリン率いるテロリスト集団「テン・リングス」による爆破テロ行為が人々を脅かしていた。

 

事件を知ったトニー・スタークはマスコミを通じてマンダリンに宣戦布告をするが……。

***

 

 

以下、ネタバレを含む感想を書いていきます。まだ観ていない方はご注意ください。

 

感想

2回目の鑑賞であるが、やはり面白かった。『アイアンマン』完結作として申し分ない作品だ。

 

スタークのスーツ依存症から始まり、その克服、そして最後は自らアイアンマンスーツを全台破棄するという選択をする一連の流れは、文字通りスタークのアイアンマン卒業の物語だったと思う。

 

事件の発端となる1999年のスイスの学会でのスタークの横柄で自信過剰な態度から、話の始まりを描くことでのスターク自身の人間的な成長、ヴィラン側によるミス・ポッツ誘拐によるスタークにとってのポッツの存在感の大きさ、それぞれを上手に感じさせてくれる構成だった。(基本は横柄で自信過剰な性格は変わってないけれど)

 

ただ成長したと言っても、スタークの不安定メンタルぷりは相変わらずだった。わたしの中でトニー・スタークは「いつも不安定な人」というイメージが強いのだが、そのイメージは本作から来ているものだろう。

 

確かに、不安定になる気持ちはわからなくはない。劇中でも本人自身が語っていたけれど、所詮は頭のいいイチ地球人に過ぎない彼が神様だの、宇宙だのの戦いに巻き込まれたらパニック障害にもなりたくだろう。そのへんの人間らしさ『アイアンマン』の人気のひとつなのかも。

 

個人的に好きなのはそんな不安定メンタルから立ち直るきっかけが、ちょっと生意気な少年ハーレーからの「エンジニアでしょ?」という言葉だったこと。自らモノを作ることで自身の芯を取り戻すスタークは、曲がりなりにもエンジニアであるわたしから見てとてもかっこいい。

TONY STARK Ver.5 / トニー・スターク/ポップアートパネル/Keetatat Sitthiket キータタット シティケット

ストーリーや演出だけじゃなく、シーンとして好きだったのは、やっぱり最終決戦の「ホームパーティ・プロトコル」。あれはアツい。激アツだ。

 

わたしが『アイアンマン』シリーズが好きな理由のひとつに作品を追うごとに、スーツに使われている技術が目に見えて顕著に、しかもシャープにグレードアップしていくところがある。

 

一作目ではスーツそのものが出来上がり、それを装着して飛び回ること自体がすごい。『アイアンマン2』ではスーツケースサイズに持ち運びができるようになり、装着も補助してくれる。

 

そして本作『アイアンマン3』では、パーツごとに装着者のもとに飛んできたり、完全なリモート捜査まで実装。しまいにはオート操作によるアイアンマン軍団の実現。

 

 

これを観てテンション上がるなというほうが無理である。ぜひともこういう未来が来てほしいと心から思っちゃう。

 

本作で強いてひとつ不満を挙げるとすると、インセン博士の扱いかな。いや、インセン博士が登場してくれたことは嬉しいのだが、どうせ出すならもう少しスタークの中で彼に対して思いを馳せるシーンがあったらよかったと思う。

 

インセン博士にせよ『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』エイブラハム・アースキン博士にせよ、それぞれヒーロー達にとって命の恩人であり、そのヒーローの生みの親といっても過言ではない存在だと思っている。

 

だから、そこまで熱心なファンじゃなければ本作のインセン博士に対して「この人だれだったかなぁ〜」ってなってしまうのが残念だ。

 

個人的にはスタークの心のなかには常に「インセンとの出会いがあったからこそ、今のアイアンマンが……」という気持ちを持ってくれてたらアツいし、シリーズ中でそういうシーンが都度都度あったら良かったと思うのだが、まあ完全にこれは個人の嗜好の話ですね。原作ではどうなんでしょ。

 

 

MCUメモ

MCU作品につながるシーンを備忘録的にまとめていこうというコーナー。

抜け漏れがあったり、気づいてない点、ご意見あったら是非コメントください。

 

今回は『アイアンマン』単体もの最終作ということで、他作品へのつながりはそこまでなかった印象。当然ニューヨークの事件(『アベンジャーズ』)は前提に会話が行われていることは多々あったけど。

 

ラストにブルース登場→MCUシリーズ全般

この『アイアンマン3』の話自体が過去の話ということで、スタークの独白によって語られているという設定。そしてその聞き手がハルクことブルース・バナー博士。ほとんど寝てたけど。

 

しかし、『アベンジャーズ』の感想記事でも触れたけど2人は仲いいね。

気がつけばブログ100記事達成していたので、ちょっと振り返る

あんまり意識していなかったけど、気がつけば前回更新でブログ記事数が100記事に達していた。

jokigen.hatenablog.com

 

「ブログは100記事から〜」とか「まずは100記事達成を目指してとにかく書け!」とネット上でよく目にするように、「100記事」というのはブロガー界隈でひとつの目標、区切りになっていることは確かだろう。

 

せっかくなので、このタイミングで少し振り返ってみることにする。

続きを読む

【感想】『春期限定いちごタルト事件』【ネタバレなし】

小市民を目指すぼくにとって最大の難関は、この解きたがりな性格だろう。

 

米澤穂信春期限定いちごタルト事件』より 

今年の目標のひとつに米澤穂信の全作品を読破するということを立てた。 米澤穂信さんは元々「〈古典部〉シリーズ」から入って、好きな作家さんではあるものの、「〈古典部〉シリーズ」以外は単品モノしか読んでおらず、他のシリーズも読んでおきたいということで、目標にしてみた。

 

jokigen.hatenablog.com

 

その第一歩として、「〈小市民〉シリーズ」の1巻にあたる『春期限定いちごタルト事件』を読んだので感想を綴っておく。

 

なんとなく想像していた作風とは違ってて、いい意味で裏切られた(わたしが勝手に作品の雰囲気を履き違えてただけなんだけど)。シリーズものとして楽しめそうだ。

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)

 
続きを読む

【ネタバレあり】映画『アベンジャーズ』 | MCUマラソン第5弾

相方氏とゆっくり走ってきたスター・ウォーズラソンが終了した。(まだ『ローグ・ワン』と続三部作の感想記事書いてないけど)

 

jokigen.hatenablog.com

 

なので、止まっていたMCUラソンを再開!『アベンジャーズ』を鑑賞した。

 

jokigen.hatenablog.com

 

一度は見たことある作品だったが、ラスト(エンドゲーム)を知ってるとまた違った発見や感動があり、かなり楽しめた。

 

前作『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』までで各ヒーロー単体作品は一通りやり、満を辞しての本作。もともとMCUは世界観を共有する前提であらかじめ作られてきたシリーズとはいえ、従来からのアメコミファンからしたら本作実現に相当感動したんじゃないだろうか。

アベンジャーズ (字幕版)

アベンジャーズ (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

本作の位置付け

本作はMCUマーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズの6作目に位置する。公開は『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の翌年である2012年。

 

いわゆる「フェーズ1」の完結作であり、地球側のヒーロー(アベンジャーズ)vs 宇宙からの脅威というシリーズ全体の構図を明示した軸となる作品だった。

MCUシリーズ フェーズ1

ざっとあらすじ

***

海底より回収した「四次元キューブ」が暴走し、異世界との扉を開いた。

 

扉から出てきたのは死んだと思われていたアズカルドのロキ。彼は「四次元キューブ」と洗脳したS.H.I.E.L.D.のメンバーを奪い、S.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリーに宣戦布告をする。

 

緊急事態と判断したフューリーは凍結していた「アベンジャーズ計画」を再開し、各地からヒーローを召集するが……。

***

 

 

以下、ネタバレを含む感想を書いていきます。まだ観ていない方はご注意ください。

 

簡単にシャワルマレシピ

簡単にシャワルマレシピ

  • 発売日: 2015/08/02
  • メディア: アプリ
 

やっぱり一言余計なのはスターク。でも……

強力なヒーローを集めたものの、チームとして全然まとまらないという展開はベタだけど嫌いじゃない。

 

ただ、1回目の視聴時は単品作品として『アイアンマン』しか観ていなかったが、今回はソーもキャプテンも視聴済み。そうなるとキャプテンは言わまでもなく常識人だし、ソーも単品作品の中でだいぶ大人になった。

 

なぜにそんなにまとまらないんだろうと考えながら見ると、原因はやっぱりスターク。君だ。

 

基本、一言余計である。ジョークのつもりかもしれないけど。「キャプテン・アイス」だの「年寄り」だの「サーファー君」だの煽りすぎ。

 

どんな状況でも一貫している彼のキャラクターが場をざわつかせていた。しかし、そんな彼もハルクことブルース・バナーに対しては違って見えた。

 

自身の持つ特異な性質上、どうしてもメンバーから腫れ物扱いされるバナーだが、スタークは皆と平等に(?)彼にちょっかいを出したり、おちょくったりしている。

 

当然周囲はハラハラだが、観る側にはスタークなりの優しさが伝わるいいシーンだった。

 

2人きりになると真面目なトーンになり、自身のラボに招待したり、ハルクの存在を受け入れることを諭すスタークにはなかなか胸が熱くなった。

 

スタークがバナーを気にかける理由は、わたしの想像の範疇を出ないが、自身が生み出した科学力によって死と生の運命を握られているという境遇にシンパシーを感じていること。そして天才的頭脳を持つゆえの苦悩がわかるからこそ、ほっておけない。そんな感情な気がする。

 

後続作品を知ってるゆえにグッとくるシーンも多々

冒頭にも書いたが、エンドゲームまで観てるゆえに刺さるシーンも多かった。

 

例えば、スティーブがスタークを非難するシーン。「君は自分のためにしか戦ってない。いざという時に自分を犠牲にするようなヤツじゃない」

エンドゲームまで観ている身としては、なかなか涙腺に働きかける。

 

他にも、ヒーローたちを結束させるきっかけとなったフィル・コールソンが息を引き取るシーン。

 

長年の相棒だったニックに看取られながら生き絶えるあのシーンで、『キャプテン・マーベル』を観てたわたしは、勝手に2人の長い歴史を脳内補完してしまって目頭を熱くしてしまった。

 

大暴れの決戦シーンはカメラワークが素敵

本作の後半では、NYでのアベンジャーズ vs チタウリ艦隊とのドッカンバッコン大戦争が繰り広げられる。

 

海外映画らしい容赦のない破壊ぷりは観ていて気持ちいいものだが、アレではヒーローだろうと侵略者だろうと街を壊してるのは変わらないのではないか?と疑問に思わなくはない。(なんかその辺の「ヒーローの活躍による被害」みたいなのが、今後テーマになってくると聞いたことがあるような?)

 

まあそこは置いておいて、わたしが好きだったのはカメラワーク。

 

敵軍に囲まれた状態で、ヒーローたちが背を向けあい円形状に構える様をグルっとカメラが回ったり、街で散り散りに戦ってるヒーローたちを一連の流れで場面を切り替えることなく写していくカメラワークが素敵だった。

もちろん実際にカメラを動かしてるところと、合成技術を駆使してるところの合わせ技だろうが、観る側に違和感を与えることなく場面を動かす映像技術はすごい。

 

次回からフェーズ2

本作でフェーズ1を終えて、次回からいよいよフェーズ2。この辺から各ヒーローの単体作品についてほぼほぼ予備知識がなくなってくるので、めちゃくちゃ楽しみ。

 

インフィニティ・ストーンをめぐる物語であることが強調されてくのかな?

 

MCUメモ

MCU作品につながるシーンを備忘録的にまとめていこうというコーナー。

抜け漏れがあったり、気づいてない点、ご意見あったら是非コメントください。

 

今回は全体的にフェーズ1の総括にあたるシーンということもあって、今後の作品の布石になるような情報はなかった印象。

 

逆に出てくるサブキャラやアイテム、用語は今までの作品を観てる前提、または観てると楽しめるモノが多かった。これはまあ当然といえば当然。

 

「四次元キューブ」は前作『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の飛行機から発見された?であってるのだろうか。

 

あの箱、時代を超えてあちこちに登場するので、場所の整理が難しい。どっかのサイトにまとめててくれてた気がするので、全部見終わったら確認してみよう。

 

ナターシャの過去→『ブラック・ウィドウ』?

ロキやホークアイとの会話で、ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフの過去が少し語られる。「病院の火事」「ブタペスト」「ドライコフの娘」と断片的なキーワードしかなかったが、この辺は今年2020年公開の『ブラック・ウィドウ』に関連してくるのかな?

 

 

サノス登場

1回目の視聴のときも出てたはずなのに、全く覚えてなかったサノス。本作からもう登場してたのね。

 

本編中ではずっと「あの方」と呼ばれており、サノスのサの字も出てこない。完全に黒幕ポジション。顔もインフィニティ・ウォーやエンドゲームのときの大義を持つ渋みのある顔ではなく、完全に悪の親玉顔だった。

 

エンドロール後のおまけシーン

戦闘中にスタークが「食べに行こう」と言っていたシャワルマのお店でヒーロたちが食事を取っているシーン。

 

戦いの疲れなのか、美味しくないのか、終始みんな無言。めちゃくちゃ低いテンションで黙々た食べてる。多分疲れだろう。行く前はノリとテンションで2次会に皆で行ったものの、いざ集まってみると意外と盛り上がらなかったみたいな感じだろうな。アルアルですね。

 

シャワルマを調べてみると、ケバブに近いイメージらしい。

インタビュー企画「オシゴトガタリ」にて『古畑任三郎』について語らせてもらった件

 

ちょっと宣伝が後手になってしまいましたが、甘夏さん(@DaidaiKawano)が運営するブログ『柑橘パッショナート』の企画「オシゴトガタリ」にて、フジテレビ系刑事ドラマ『古畑任三郎』を語らせてもらいました。

amanatsu0312.hateblo.jp

 

「オシゴトガタリ」と言えば、Ryoさん(@ryo_nf3000)や結騎 了さん(@slinky_dog_s11)といった、わたしも読者登録させてもらってる知る人ぞ知るブロガーさんが自分の好きなものについて、熱く語られている企画。

amanatsu0312.hateblo.jp

 

amanatsu0312.hateblo.jp

 

最近だと、まるマッコリさん(@makkori04155)が『コードギアス 反逆のルルーシュ』について語ったときのインタビュー裏側記事を読み、等身大の内容に心が温まったのが記憶に新しい。

marumakkoriblog.hatenablog.com

とにかくわたしにとっては「読む側」の企画であり、遠い存在だったので、まさか自分が「語る側」になると思ってもいませんでした。とてもビックリしたのですが、その分貴重な体験となったので、感じたことを綴っておこうと思います。

 

古畑任三郎 COMPLETE Blu-ray BOX

古畑任三郎 COMPLETE Blu-ray BOX

 
続きを読む

【感想】『GOTH 三冊合本版』【ネタバレなし】

「死の瞬間、その人と、その周囲にあるものすべての関係が断たれる……。好きだった人や、執着していたものとのつながりが消える……。太陽や風、暗闇や沈黙とも、もう会えなくなる……。喜び、悲しみ、幸福、絶望、それらと自分との間にあった関係性の一切は失われる……。

 

夏海さん、あなたがここに来るとき、どのような決断を下したのか、僕には手にとるようにわかりますよ……」

 

乙一『GOTH』より 

 

乙一の『GOTH 三冊合本版』を読んだので、感想を綴っておきます。

 

 

元々紙の本で持っていた本作。そんなに厚くないのに文庫版はなぜか『GOTH 僕の章』、『GOTH 夜の章』と2冊に分冊化されてました。

 

2年くらい前の本棚整理の際に「Kindleで買い直そう~」ってことで手放してしまったのですが、番外編である『森野は記念写真を撮りに行くの巻』まで合わせた合冊版がセールになっていたので、迷わず購入。

 

久々の再読でしたが、何回読んでも面白い。

続きを読む

【ネタバレあり感想】『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

この3連休を利用して『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観てきました。上映から半月強の間、ネタバレに怯えつつ、でもみんなの感想記事が読みたい衝動も必死に抑えつつ、満を辞しての鑑賞でした。

 

相方さんとSWシリーズを見直す個人企画も、エピソード7からの感想記事はまだ書けておりませんが、記憶が新しいうちに本作の感想記事を綴っておこうと思います。

jokigen.hatenablog.com

 

もう本当に楽しみに迎えた本作ですが、結論だけ書いてしまうと個人的には「微妙〜だったかなぁ」という感じです……。 

 

**以下、ネタバレありで感想を書くのでまだ観てない方はご注意ください。**

 

続きを読む